第64回定期演奏会

超えるVol. 2 :海を越えて

オペラ『出島 ~シーボルトの愛

文政6年(1823年)、オランダ政府から日本の国情を探るよう密命を受けたドイツ人医師のシーボルトが長崎湾の出島に到着した。出島滞在中、彼は日本の地勢や動植物、政治や経済などの情報を精力的に蒐集した。文政11年8月、シーボルトが日本で集めた荷物を積んでオランダへ向かう船が長崎を襲った台風によって座礁し、中から多数の国禁の品が見つかった。世にいう「シーボルト事件」である。事件に連座し、多くの日本人が捕らえられ、シーボルトは国外追放となった。本作はこの史実をもとに、シーボルトと日本人妻のお滝の二人に架空の漁師・勘太を絡め、三者の間に錯綜する「愛」と「友情」と「裏切り」、そして「救い」を描いた全3幕のオペラである。

2018年10月25日(木)
18:00開場、18:30開演
東京オペラシティ リサイタルホール

 

【前売】

一般:3,000円
大学生:2,000円
高校生以下:1,000円

【当日】

一般:3,500円
大学生:2,500円
高校生以下:1,500円
*就学前のお子様の同伴・ご来場はご遠慮下さい。
*当日は全券種500円増しとなります。
前売りでのご購入・ご予約をお薦めいたします。

 

【チケット取り扱い】
 東京オペラシティ・チケットセンター Tel:03-5353-9999

【お問い合わせ】
 キーノート Tel:0422-44-1165

 

第64回定期演奏会
ダウンロード
アンサンブル・ノマド 第64回定期演奏会チラシ
NOMAD_64.pdf
PDFファイル 1.0 MB

<プログラム>
オペラ『出島 ~シーボルトの愛』
全3幕(日本語 /オランダ語上演・字幕付)演奏会形式 /世界初演
作曲 :ラインダード・ヴァウデンベルク
台本 :川村 俊介(原案:マイク・クリグスマン)
指揮 :佐藤 紀雄
監修 :稲垣  聡

 

 <配役>

  勘太:藤木 大地(カウンターテナー)
  お滝:天羽 明惠(ソプラノ)
  フォン・シーボルト:ヤン・ヴィレム・パリエット(バリトン)
  デ・スチューレル:ヤン・ヴィレム・シャーフスマ(テノール)
  神々:Fontana di Musica(声楽アンサンブル)

 

<出演者>
木ノ脇道元(fl) 菊地秀夫(cl) 野口千代光(vn)
甲斐史子(va) 佐藤洋嗣(cb) 中川賢一(pf)
宮本典子(perc)

 

<ゲスト>
  憲秀(ob) 萩原顕彰(hr) 佐藤秀徳(tp) 今込  治(trb)
川口静華(vn) 松本卓以(vc) 大久保貴之(perc) 
黒田鈴尊(尺八) 木村麻耶(箏) 本條秀慈郎(三味線) 宮田まゆみ(笙)

 

 

主催:一般社団法人 アンサンブル・ノマド